万円

【全俺が泣いた】6歳のレモネード売りの少年のお話・゜・(ノД`;)・゜・

6歳が父の医療費80万円稼ぐ、1杯20円のレモネードを自宅の前で販売。
米国では、子どもが小遣いを稼ぐためにレモネードを販売するという話がよく聞かれる。また、お金を必要としている人を助けるために寄付集めの目的で行われるケースも少なくないが、ある6歳の少年はがんを患った父親の医療費をサポートしたいと、先日レモネード販売を行った。すると1日で1万ドル(約 80万円)以上ものお金が集まったそうで、米国内で話題を呼んでいるようだ。

この少年はテキサス州グレードウォーターに住むドリュー・コックスくん。
米放送局NBCやKLTVなどによると、彼の父ランディさんは今年2月、精上皮腫というがんに侵されていると診断された。ランディさんの場合は上半身の数か所にも腫瘍が見つかったが、化学療法を続ければ改善の見込みが高いと見られているという。
ここで家族の不安となったのが、
治療に費やす医療費の問題
。ランディさんは医療保険に加入しているものの、週に1度、毎回6時間の治療を続けると、今後は「数千ドル(1,000ドル=約8万円)」の出費が避けられない。すると「レスリングやレゴで一緒に遊ぶのも好きだし、何をしても楽しい」(米放送局ABC系列KLTVより)という、お父さん大好きなドリューくんは何とか助けたいと思案。
お金の面からお父さんをサポートしようと、家の前でのレモネード販売を考えたそうだ。
そして4月14日の朝、彼は1杯25セント(約20円)のレモネードを用意して販売を開始。家の場所も良かったようで、「看板に気が付いて買いに寄る」ドライバーも多く並んだ結果、彼のレモネードは飛ぶように売れた。
中には話を知って「数十マイルも離れた場所」から駆けつける人もいたほか、
販売の目的を知ってレモネードを「5,000ドル(約41万円)の小切手」で買う客も現れた
おかげで、
最終的にわずか1日で1万ドル以上のお金を稼いだ。
息子の計画を聞いただけでも「泣かされた」という父親に、6歳にしてお金の面で大きな心強さを与えたドリューくん。そんな息子をランディさんは「本当に利口」とも話し、
長男の彼を含め小さな3人の子どもたちのためにも、病気に対して前向きに闘う勇気が膨らんだようだ。
ソース:
http://news.nicovideo.jp/watch/nw246889?marquee

続きを読む

【一人暮らし】"USB1本"を49万円で買った大学生の後悔20歳以上の大学生が狙われるワケ彼は大学を休学し自宅療養中

“USB1本”を49万円で買った大学生の後悔
20歳以上の大学生が狙われるワケ
プレジデントオンライン 2019.4.22 鳥居 りんこ
https://president.jp/articles/-/28461
「儲け話がある」としてUSBメモリで投資教材を売りつけるトラブルが、首都圏の大学で急増している。トラブルの相談を受けた教育アドバイザーの鳥居りんこ氏は「20歳以上はいわゆる『未成年者取消』ができない。わが子がトラブルに巻き込まれないように、保護者は注意が必要です」と訴える――。
●なんのヘンテツもないUSB49万円を購入するまでの一部始終
長い受験期間を終え、子どもが晴れて大学生になった親御さんの中には「ようやく子育ても終了」と安堵されている方もいることだろう。大学生の多くは在学中に成年になるため「子育て終了宣言」が出てもおかしくはない。
しかし、である。
※写真はイメージです(写真=iStock.com/Imazee)

この「若葉マーク成年」が怪しい業者の格好のターゲットになっている事実をご存じだろうか? 筆者は思春期の子どもを持つ親たちから悩みや相談を持ちかけられることが多いが、最近も都内在住の大学生の母親から相談を受けた。
「USBメモリを媒体とする投資関連学習教材」をめぐるトラブルである。20歳の男子大学生A君は都内の有名大学に通っている。そのA君をトラブルに巻き込んだのは、高校時代の同級生Bだった。
「久しぶり! 飯でもどう?」というBからの突然の誘いが事のはじまりである。知らない仲ではないのでA君は快諾。食事をしているうちに、Bはこんな話をしだしたそうだ。
「Aは今、バイト何やってるの? それ、時給、安すぎじゃね? 大きな声じゃ言えないけど、俺、今、すごく稼げるバイトしてるんだよね……。(略)でも、これって限られた人にしか教えられないけど、Aだからいいかな……」
そんな前置きを入れて、「今度、すごい人に会わせてあげるよ。絶対、会ったほうがいいから!」と言うなり、すかさず、その“すごい人”に電話をしてアポ取り。あれよあれよという間に3人で会う約束を取り付けられてしまったらしい。
●「日経225の先物取引で確実に儲かるシステム」入りUSBメモリ
●「口座を開いたってことはやるしかないんだよ」
●「俺が音声を録音しているので強要はないことは明白だよ」
※写真はイメージです(写真=iStock.com/Highwaystarz-Photography)

●なぜ「20歳の一人暮らし」が狙われるのか?
●20代前半の学生はお金に対する不安が強く、稼ぎたい気持ちが強い

出典=埼玉県HPの公表データを基に筆者作成
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/170116-01.html
●被害に遭ったA君はいま、大学を休学し自宅療養中だ
【相談窓口】
■国民生活センター消費者ホットライン(局番なしの188)または03-3446-1623(平日のみ)
受付時間 平日:10時〜12時 13時〜16時 土日祝:10時〜16時(各地の窓口受付時間による)
■警察相談専門窓口(#9110)
受付時間 平日:午前8時30分〜17時15分(各警察本部で異なる)
110番とは違い「事件性があるかどうかも分からない」という段階での相談が可能。
参考=国民生活センター「若者の消費者トラブルの現状」
詳しくはリンク先

続きを読む

【お金】1000万円貯金があると気が楽か?

貯蓄ゼロの時は100万貯金があると気が楽になるだろうと思った
100万貯まっても楽にはならず、1000万貯まれば気が楽になるだろうと思った
1000万貯まっても楽にはならず、今は1億貯まれば気が楽になるだろうと思ってる
たぶん貯められないけど

続きを読む

【FX】月曜朝一の窓埋め投資法おいしいです(^q^)

このところ、週明けのFX(外国為替証拠金取引)投資家たちの話題は「ユーロ」である
。月曜日未明に決まってユーロが急落し、それを狙って稼ぐ投資家が日に日に増えている
からだ。
例えば2月6日と1月23日のユーロ円相場は、それぞれ前週の終値より約30銭のユーロ安
でスタートしている。各週末に「ギリシャ連立与党の党首会談が難航」、「ギリシャ債務
減免比率引き上げ」など、市場に影響を及ぼす悪いニュースがあったからだ。
為替アナリストがいう。
「EUやヨーロッパ諸国は、市場を混乱させないようにするために、マイナス要因となり
そうな公式発表を、世界の為替取引市場が閉場している週末に回すことが多いのです」
日本時間の土曜日早朝から月曜日早朝までは、世界の為替取引市場が閉場しているため
、為替レートに変化はない。その分、前週の終値と月曜日の始値に差ができることが多く
なる。具体的には、週末に一番遅くまで取引されるニューヨーク市場の終値と、週明けに
世界で一番早く取引が始まるオセアニア市場、そして日本市場での始値にギャップが出る
。そうしたチャートの段差を投資用語で「窓」と呼ぶ。「○円×銭と○円△銭の間に窓が
開いた」などと使う。
「この開いた窓は、その後、取引の主体がオセアニア市場から世界3大市場の一つである
東京市場に移っていく中で、少しずつ埋まっていくことが多い。いわゆる『窓埋め』の
動きで、相場の定石でもあります。つまり予測しやすく、当たる確率が高い。そこを狙っ
てトレードして儲けている投資家がいます」(前出・為替アナリスト)

月曜日ごとに早起きして実践しているデイトレーダーが証言する。
「月曜日早朝の取引開始直後に、先週のレートより下がって始まったら買いでエントリー
し、上がって始まったら売りでエントリー。後は窓が埋まるまで待って反対売買して利益
を確定します。1日の儲けはそれほど多くありませんが、コツコツと
確実に
利益を確保でき
ています」
ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120220-00000000-pseven-bus_all
(つづく)

続きを読む